短期間でオリジナルユニフォームが作れる【幅広い年代の人が利用】

飲食店の制服に重要なこと

服

目を引き清潔感を大事に

女子中学生は進学先の高校を制服のデザインで選ぶ生徒が結構おり、理由を聞くと制服がかわいいとなんとなくちゃんとした学校そう、という返事が返ってきます。学校に限らず、若いアルバイトの力が必要な飲食店は、若い人に注目してもらうために既存のユニフォームとは違うオリジナルユニフォームを作る必要があるのです。ただ若い人の目を集めようと、若い人が着るようなデザインをただオリジナルユニフォームに持ってくるだけでは従業員は集まってもお客さんからの評判は賛否です。ではどのような点に注意してオリジナルユニフォームを作ればよいのでしょうか。まずユニフォームの色はお店の内観に合わせた色にしましょう。どんな飲食店でも内観にはそれぞれテーマがあり、そのテーマにそぐわない格好だとお客さんは違和感を感じてしまいます。またお店の形態の世間一般のイメージを大切にすることも重要です。例えばおしゃれなカフェならばTシャツのみより、エプロンや前掛けをしている従業員のほうが印象はよく、ラーメン店なら変にスタイリッシュな格好にするよりTシャツのみのほうがお客さんからの印象も良く、従業員にとっても暑い環境の中では働きやすくなります。そしてオリジナルユニフォームを作る際は必ずサンプルを取り寄せるようにしましょう。備え付けのポケットのサイズがカタログではサイズが余裕があっても、縫製の関係でストレッチが利かず、バインダーなどちょっと大きめの物になると入らない、などというなどこともあり得ます。